2013年10月15日

フォトギャラリー 「2013秋の乗鞍三昧ツーリング」

塩尻から出発っこんにちは。自転車ライフを楽しんでますか?

今回は秋の乗鞍遠征の様子を、写真で振り返ってみたいと思います。イベントの度に荒天に遭っている今シーズンですが、今回は秋の乗鞍を満喫できたのか?

いつもの様に、遠征初日は塩尻まで輪行してツーリングをスタート。心地よい空気の中を走って行きます〜。

奈良井宿の屋号
国道19号線沿いにある奈良井宿で今回も道草。看板に注目して写真をパシャパシャ撮ってみました。撮っていて気づいたのが、お店をやっていなくても各家の玄関には必ず「○○屋」と屋号らしき表札があるということ。気になって調べてみると、観光案内所が出す広報誌に今も息づく奈良井宿の「屋号 (やごう)」として紹介されてますネェ。

乗鞍高原到着〜
境峠、白樺峠と越えて行きますが、山岳に入るとちょっと雲が出て来て風も肌寒に。よーやく到着した乗鞍高原からお山を見ても、すっぽりと雲に覆われていました。

乗鞍滞在二日目は快晴っ
翌日は快晴っ。前日の夜に雨が降ったので心配したのですが、山頂付近が微妙に白いカナ?という程度で何とか登れそうな感じ。朝食時に宿のご主人から、路面凍結でシャトルバスが大雪渓までしか行かないとの情報が。自転車は問題なく登れるそうです。

畳平へっ
ということで、予定通りに畳平へGoっ。今年は紅葉が早くて、冷泉小屋近辺まで登ると既に大分葉が落ちている感じですネェ。

ロード以外にも、折りたたみ自転車で登られている方とか多かったですネェ
そんな中を自転車乗りの皆さんが思い思いに登って行きます。例年に比べると、ロード以外の自転車の皆さんが多かったよーな。大雪渓で滑るために、スキー板を担いで自転車で登ってる強者もっ。 (^^;

位ヶ原山荘
位ヶ原山荘に到着〜。下山時に立ち寄ってスタッフさんにお話しを伺うと、やはり昨夜は初雪だったそうデス。

紅葉は今年は早かったみたい
位ヶ原山荘から乗鞍岳を臨むと、例年だと紅葉が綺麗なのですが、今年はもうすっかり枯れ木色ですネェ。

畳平到着〜
順調に登って畳平に到着〜。今回はエコーラインだけでなく、スカイラインを下って登り返す「ダブル乗鞍」に挑戦するつもりで乗鞍入りっ。んが、スカイラインを下る前にレストハウスで腹ごしらえしようと思ったら、食堂が開いて無いではあ〜りませんかっ。

シャトルバスがここまで上がって来てないし、スカイライン側も凍結通行止めのためにバスが来てないので、食堂も営業してないみたいで。。。これは困った〜。

スカイラインを少しだけ下ることに
何も食べずにスカイラインを登るのはちょっと。。。なので、途中まで下って戻って来ることにしました。

遠くのお山もくっきり
この日は雲が殆どない快晴っ。スカイライン側では穂高の山並みもよく見えました〜。

スカイラインのウネウネ
スカイラインのダイナミックなウネウネの様子。あまり下りると登るのが大変なので、取り敢えずここで引き返すことに。 (^^; 登り返しているとバスが次々と追い抜いて行き。。。どーやら通行止めが解除されたみたいですネェ。畳平のレストハウスまで戻るとお客さんで賑わってて食堂も営業開始っ。ちょっと混雑してましたがここで昼食に〜。

ドームがある所まで登ります(歩いて)
食後はドームがある摩利支天岳までプチ登山することにしました。

コロナ観測所は閉鎖されましたが、施設としては今も活用されています
摩利支天岳到着〜。コロナ観測所としては2010年に閉鎖されましたが、現在は自然科学研究機構 乗鞍観測所として施設は利用されているんですネ。閉鎖されてもう誰もいないんだろうナァ〜と思ってたら観測所の職員らしき方が作業されてました。

摩利支天岳から見た畳平
摩利支天岳から見た畳平の様子。ちょっと登っただけなのに、随分景色が変わりますネ。翌日は乗鞍を後にして木曽福島まで自走したのですケド、振り返ると乗鞍岳は雲の中。晴天の畳平をウロウロすることができてラッキーでした〜。 (^^)

[走行記録]
【1日目】
走行距離:82.13km
走行時間:5時間16分29秒
平均速度:15.5km/h
【2日目】
走行距離:56.10km
走行時間:3時間31分12秒
平均速度:15.9km/h
【3日目】
走行距離:99.31km
走行時間:5時間9分51秒
平均速度:19.2km/h


posted by えーじ at 20:00 | Comment(0) | フォトギャラリー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。