2006年06月03日

北海道のオススメ (その6) : 釧路湿原とうろYH

こんにちは。自転車ライフを楽しんでますか? 餌をついばむツル(小さくて見えない...)

今回は北海道の "オススメ" 。釧路湿原をじっくり楽しみたい方に。。。とうろユースホステル (YH) のご紹介デス。


1. やっぱ。。。
ここのYHは釧路市街から離れた湿原沿いにポツン。。。

でも、YHのすぐ近くにJR釧網本線とうろ駅があり、移動手段を持たない方でも大丈夫っ。

YHでは立地を生かして、本格的な湿原ガイドツアーを実施してマス。

私はここで、以前にご紹介したカジカの宿や、知床岩別YHで一緒になった皆さんと再会。みんな翌日のツアーに申し込んでました。

釧路湿原まで来たんだから、やっぱ本格的なツアーで湿原を楽しみたいですよネ。


2. ちょっとしたイベントも。。。
私はというと、翌朝出発の予定でツアー参加はできず。。。 (T.T)

でも、到着した日の夜にはアイヌ民族の楽器を作ったり、YHの明かりを全部消して、釧網本線の最終列車を見送ったり (闇夜を列車の明かりだけが動く情景は幻想的デス) 。。。

翌朝は早朝自然ガイドツアーがあったりと、一泊だけの滞在でも、いろいろ楽しめますョ。


3. お客さんにも。。。
また、場所柄のため(?)、お客さんの中にも湿原に詳しい方がいたり。。。こういった方からお話しを聞くのも楽しいものデス。

私が泊まった時には、このYHに長期滞在されてるお客さん (おじいさん) が。。。

ここを拠点にしてフィールドワーク (自然調査) をされている方で、湿原はもう 「自分の庭」 状態。

いろいろお話しを伺うことができて、ラッキーでした (^-^) 。

翌朝、こういった詳しい方と一緒に散策すると、いろいろ教えて頂けてまた楽しいんですよネ (しかもタダで (^-^; ) 。


ということで、今回は以上デス。

なお、北海道の写真を 「サイクルロードなびっ (PC版)」 に掲載していますので、興味のある方はそちらもご覧くださいマセ。


<関連ブログ記事>
北海道のオススメ (その5) : (釧路も良いケド) 霧多布湿原
北海道のオススメ (その7) : 北海道の峠事情





posted by えーじ at 18:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | ツーリング/レース
この記事へのコメント
俄かチャリダーです、今晩は。北海道シリーズ、楽しみにしています。今年の渡道まで後一月程になり、周2回50〜60km走る様にしています、トレーニングとしては心もとない限りですが(笑)。話は変わりますがPC版も拝見させて頂きました。ニュジーランドまで行かれたのですね、とても羨ましいです。 追伸、北海道を自転車で廻る際、注意すべき事があればコメントして頂ければ幸いです。今の所、服装をどの様な物をどれくらい持参すべきか悩んでいます。(旅程は7月中旬に2週間程です)
Posted by 俄かチャリダー at 2006年06月04日 21:58
俄かチャリダーさん、いつもコメントありがとうございます。

長期の自転車ツーリングでしたら、足がつらいのは最初の数日のみ。その後は、ちゃんと脚力がついてきますヨ。

注意点としては、荷物は背負わずに自転車に積むことでしょうか。。。リュックなどで荷物を背負い込むとかなり疲れますし、お尻が痛くて辛いことになっちゃいます。

服装ですが、このブログでも記事を1本書いてますが、基本は化繊素材で。化繊なら乾きが早いので、着替えは1セットでOKです。

どれぐらいの服装が必要か。。。ですが、夜を野宿するか、宿を取るかによって変わるかと。。。7月に北海道へ行ったことは無いのですが、9月に野宿した時は厚手のものを持参せず、無茶苦茶寒い思いをしました。

今年はなし崩し的に梅雨入りみたいですが、7月にはカラッと明けてもらいたいですよネ。
Posted by えーじ at 2006年06月04日 22:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。