2010年10月29日

パナレーサー・カテゴリーS インプレ

こんにちは。自転車ライフを楽しんでますか?

今回はタイヤのインプレ報告っ。今シーズンメインに使ってきたパナレーサーのNewタイヤ、<Category Sです。既にブログで何回か話題に出しましたが、インプレ記事としてまてめてみます〜。


1. ZAFFIROをしのぐ低価格っ
練習タイヤのカテゴリーS。同じタイプのタイヤには低価格なビットリアZAFFIROがあって、貧乏ローディな私の定番タイヤだったのですが、カテゴリーSはそれを下回る価格設定っ。

ここまで低価格になると耐久性や走行性能に大きな問題が出るんじゃぁ無いのぉ〜?と、始めてこのタイヤを手にした時は不安がありましたが、結論から言うと、そんな不安を見事に払拭してくれました (さすがパナレーサーっ) 。以下、その詳細デス。


2. ドライコンディションでは。。。
トレッドパターンが浅い網目模様のカテゴリーS。そこから予想された通り、走りは滑らかっ。ロード本来の走りを楽しめますネェ。

でも、乗り味は他の練習タイヤと違いは感じられず。柔らかい、シルキーな乗り味というのは期待できません。


3. ウェットコンディションでは。。。
やはり浅いトレッドパターンから予想していたのですが、ウェットな路面をヒルクラ、特にダンシングするとズルッと空回りします。

ビットリアZAFFIROと同様、そういうもんだ。。。ということを頭に置いて走る必要がありますネェ。


4. 耐久性は。。。
走りが他の練習タイヤと大差無いということは、耐久性を犠牲にしてるのか?と思いましたが。。。このタイヤで約3ヶ月走り続けても擦り切れることが無かったですネェ。

ただ、荒い路面を走っていたら、サイドをカット。そのまま新しいチューブに交換して空気を入れたら、チューブがはみ出て来て。。。ということがありました。触った感じではサイドがそんなに薄いとは思わないのですが。


5. パナレーサーらしく? (^^;
ということで、走行性能や耐久性には大きな問題は感じなかったのですが、メンテナンス性は今一つ。タイヤのホイールへのはめ込みが硬いっ。新品タイヤの時は一苦労です。

これは他のパナレーサーのタイヤでも、恐らく同じかと。チューブを傷付けない様に、タイヤレバーを使ってはめ込むしか無いですネェ。


ということで以上です。このタイヤが出て以来、ZAFFIROよりも私が選んでいるのはこっちっ。シーズンをハードに使い込んできて、すっかり信用できるタイヤになりました〜。


<関連ブログ記事>
Vittoria ZAFFIROインプレ




posted by えーじ at 20:00 | Comment(0) | 自転車グッツインプレ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。