2006年04月11日

メッセンジャーバッグ:背負い方の 「骨 (コツ) 」

Timbuk2こんにちは。自転車ライフを楽しんでますか?

今回は街乗りやレース遠征、長期ツーリングでも愛用しているメッセンジャーバッグに関する経験ついてまとめてみます。

年期が入ったメッセンジャーさんにはとてもかないませんが (みなさんすんごいコダワリがありそう) 。。。

1. Timbuk2
私が愛用しているバッグはTimbuk2。色やオプションパーツを選べる、レディメイドなバッグです(現在は色の選択は不可)。私のバッグの色は真っ黒け。Timbuk2のトレードマークの 「グリグリ」 も黒 (普通は黄色) にオーダー。

もうかなり長い間使っているので、色はすすけて、ストラップもボロくなってきて。。。でも、この年季が何とも言えませんよね。 (^^)


2. 慣れないと。。。
このバッグを買った当初、早速メッセンジャー気取りで街乗りしてみたのですが、走ってると背中のバッグが

「アラっ?お腹に。。。(-.-;」


「たすきがけ」 タイプのバッグを背負ったことある方は経験あるかと思いますが、ズレてきちゃうんですよネぇ。慣れないとうまく背負えませぬ。


3. 背負い方の 「骨 (コツ) 」
ということで、私なりにコツをまとめてみました。

○「ダラランっ」 はダメ
自転車雑誌でよく書かれていますが、ストラップを長くして腰でバッグを背負っては安定しません。

○「キツキツっ」 もダメ
それじゃぁ、ストラップを思い切り絞めれば良いかと言うと、私の経験ではやっぱりバッグがお腹に回ってしまうことが多いデス (それに息苦しいし。。。) 。

○バッグを 「左肩甲骨」 にあてがう
で、今回のタイトル 「骨」 とは、肩甲骨のこと。バッグを左肩甲骨にあてがうようにしてストラップの長さを決めるとGoodです。背負った感覚としては

「ちょっと、左に寄りすぎ。。。」


でも、実は真ん中に背負えてちょど良い筈です。

○余ったストラップに注意っ
これは雑誌でもよく書かれてますが、絞めたストラップの余りを 「ブラブラ」 にしてるとドアノブに引っ掛けたり (トイレ急いでいるような時に限ってそうなる (^^; ) 、車の間をすりヌケる時にぶつけたりします (経験者談 (-,-;) 。

そこで私は、ストラップに小さな輪っかを付けて、余ったストラップをそこに通して固定してます。


ということで今回は以上です。買ってみたケド使いこなせなくて押入れに 「お蔵入り」 しているメッセンジャーバッグ、あったらもう一度チャレンジしてみませんか?

なお、 「サイクルロードなびっ」 でもメッセンジャーバッグに関する記事を載せていますので、興味ある方はそちらもご覧ください。


<関連ブログ記事>
メッセンジャーバッグで長距離ツーリングするための必須アイテム





posted by えーじ at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。