2006年04月05日

「ぶきっちょ」 でもバーテープ巻き直し

こんにちは。自転車ライフを楽しんでますか?

今回はバーテープの巻き直しについて。ぶきっちょな私でも、何とかできる巻き方のコツ (メンテナンス本の記述とはちょっと違う?。。。カモ) についてデス。


1. 透明人間のような (^^;
ロード乗りには避けられないバーテープ交換。慣れた方は 「気分を変えてみよぉ〜」 と、色の違うテープに。。。なんてことをしているみたいですが、ぶきっちょな私はアウターワイヤー交換とか、エルゴパワーの位置の修正とか、必要に迫られないとやりません。

また、ぶきっちょでなくても、 「おおらかな (適当な?) 」 性格の方もバーテープ巻くのは苦手かもしれませんネェ。私の自転車仲間にも、この手の性格の持ち主がいて

「カッコ良くなったぞぉ〜 (^o^)」


と新しいバーテープを自慢してたのに、数週間後には

「透明人間の包帯。。。か?」


バラランっと解けたバーテープで登場。

本人談:「味がでてきたなぁ。。。(-.-; 」


下手でもよいので、バーテープは 「根気よく丁寧に」 巻くのが第一なのデス。


2. 実際に巻いてみる
さて、実践ですっ。まずは巻き始め。端っこを少し余して、以前に巻いた跡を参考にして巻きの 「角度」 を決めると良いデス。
バーテープの巻き始め


以降はバーテープのロゴが見える程度にずらしながら (ということで、ロゴ入りバーテープがおすすめ)。。。ここら辺のカーブが最初の難関。
バーテープ巻きの最初の難関


テープを引っ張りながら巻きますが、巻いた部分を触って

「ポコポコ」


という感覚 (隙間ができてる証拠) がないか確認。隙間があったら迷わず巻きなおしデス。そして最難関、ブラケット部分。事前にブラケットのラバーはできる限り上にめくっておきます。ここでメンテ本ではテープの切れ端をブラケットの下にあてる。。。と記載されてマス。でも、ぶきっちょな私にとって、切れ端を押さえながらこの難関部位を巻くなんて

「できない。。。(=.=;;」


そこで、ブラケットの下から上へ 「たすき掛け (?) 」 する際、ブラケットのなるべく先の方 (と言っても変速装置やブラケット取り付けネジに干渉しない程度) にテープを持っていきます。
ブラケット部分のバーテープの巻き方(我流)


ここで一度ブラケットのラバーを下ろしてみて、うまく巻けてるかチェック。
ブラケット部分のバーテープ巻きの確認


後は最後まで気を抜かずに。。。巻き終わりは余分な部分はカットしてビニールテープで止めて、付属のテープでその上を覆いマス。
バーテープ巻き終わり


最後にバーエンドキャップをはめて完了〜。
バーエンドキャップをはめる



3. 絶対に。。。っ
ということで以上です。多少、巻き幅にばらつきがあるのはご愛嬌。でも

「ポコポコ」


が見つかったら絶対やり直しっ。

「ま、いっか。。。」


と放置するとそこからほどけて、結局また近いうちに巻きなおすはめになりますヨ。(^_^;


<関連ブログ記事>
バーテープが解けた時の「秘義」(?)
バーエンドキャップの 「カンカラカンっ」 を防ぐ法
サイクル・カラーシュミレーター




posted by えーじ at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | 自転車いぢり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

バーテープも季節に合わせて by編集部クラモト
Excerpt: こんにちは。先日、千本桜という名所へ行ってきました編集部クラモトです。とても狭い道を行くのですが、車が擦れ違うことが出来ないほどの山奥です。是非行ってみてください。トレーニングになりますよ。 みなさん..
Weblog: VSリコメンドッチ?
Tracked: 2006-04-11 11:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。