2006年02月04日

ボトルケージ

こんにちは。自転車ライフを楽しんでますか?

グッツインプレ第7回は、あまりインプレ対象にはならない (だろう) ボトルケージについて、まとめて書きます。


1. MINOURA ジュラルミンボトルケージMINOURAジュラルミンボトルケージ
細身の構造から想像できるように、ボトルのホールドが柔らかく、着脱がラクでストレスになりません。

しかし、細身であるため耐久性は犠牲になっているみたいで、突然折れた、、、という経験があります (現在使っているのは二代目)。

といっても、数ヶ月で折れるようなヤワなものでは無いのでご安心を。


2. MINOURA-500PETCAGEMINOURA-500PETCAGE
500mlペット用のボトルケージって、結構出回ってきましたが、これは (おそらく) 一番最初から出ている人気商品。

ボトルの首をゴム製の輪っかで固定するので、脱落することはありません。

が、個人的にペットボトルでも走りながら飲みたいので、この方式の固定方法は使いづらい。。。デス。


3.UNICO-500PETCAGEUNICO-500PETCAGE
2.のケージが使いづらいと思っていたときに見つけたのがコレ。

ペットボトルって、製品によって形が微妙に違いますが、ガッチリした構造で、脱落しにくくなっています (その分、着脱は硬い)。

が、近頃はサントリーのウーロン茶500mlペットのような細身のものが出てきており、これだとしっかりホールドできませんので注意。


4. 1500mlペットボトル用のボトルケージ
1500mlペット用のボトルケージは、ツーリングの際は便利です。現在はミノウラトピークから出てますネ。

いずれも1500ml用ですが、それよりも小さいボトルでも使える様に、ボトルの首を固定する部分が上下にスライドします。

個人的にはミノウラの旧タイプのケージを使っていましたが、コイツは500mlのペットボトルでも使うことができて重宝してました(構造的にAB-1600では500mlペットは使えないかと)。


以上です。なお、自転車およびグッツのインプレについては、Webサイト「Cycle Impression! 」、「サイクルロードなびっ」も併せてご覧くださいマセ。


<関連ブログ記事>
TOPEAKモジュラーケージEX インプレ
「ペットボトル派」 のウンチク (?)




posted by えーじ at 19:31 | Comment(4) | TrackBack(0) | 自転車グッツインプレ
この記事へのコメント
すみません。老婆心での御注進です。文章を読むと「ボトルゲージ」と「ボトルケージ」が混在していますが、「ボトルケージ」が正しい表記ですので統一された方が良いと思われます。「ゲージ(gauge)」は「寸法規格」のことで、読者に誤った情報を与えることになると思いますので...。(「ダッチオーブン」を「ダッジオーブン」と誤って表記するのと同じですね)
Posted by R1100GS at 2009年05月24日 11:11
R1100GSさん、こんにちはっ。

ご指摘ありがとうございます。早速、全ての表記を「ケージ」に修正いたしました。他にもおかしな表記等ありましたら遠慮なくご指摘ください。
Posted by えーじ at 2009年05月24日 14:44
1500mlのボトルケージはもう売ってないみたいですね(;-;)
Posted by 名無し at 2011年06月24日 11:24
名無しさん、こんにちはっ。

ご指摘有難うございます。ホントだ、リンク先に在庫がありませんネェ。ちょっと調べてみると、ミノウラさんの1500対応ケージはモデルチェンジされたみたいで、現在はAB-1600という名前で出されていました。ボトルの首をラバーで固定するタイプに変わってますネェ。

後ほど記事の加筆・修正をします。
Posted by えーじ at 2011年06月24日 12:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。