2006年01月19日

へにゃちょこでも1h20mを切れるっ

こんにちは。自転車ライフを楽しんでますか?

今回は私が 「マウンテンサイクリングin乗鞍」 で1時間20分を切るまでの過程をご紹介します。

その 「へにゃちょこ」 ぶりを読んで、 「こんなヤツでも1h20mを切れるんだぁ。。。」 と自信持ってくださいっ。 (^^)v

1. 運動オンチな私。。。
小学〜高校を通じて通知表の 「体育」 の欄には5段階評価で 「2」 が常連、稀に 「3」 が付く。。。倒立とか跳び箱とかろくにできないし、逆上がりできなくて放課後に特訓の日々。50m走では女の子にも置いていかれて先にゴールした子から軽蔑のまなざしを受け。。。

何を血迷ったか高校で入部した柔道部では受身をしそこなって頭を強打、救急車で運ばれ。。。(この辺で止めときます(T.T))


2. 「おやじモード」でレース参戦 (2時間台)
そんな私にとって、自転車はのんびりと走って旅をする道具。んが、友人の誘いで乗鞍に参戦。初めての乗鞍は、ホームセンターで買った重いMTBで死ぬ思いで上って2時間以上のタイムでした。

その後も付き合いでレースに参戦するはめになりましたが、その当時の私はレースは競うものというより、楽しんで走るもの。レース開催地で温泉につかり。。。という 「おやじモード」 での参戦でした。


3. 徐々に本気モードへ(1時間40分台)
そこから抜け出てレース趣向になってきたのは、仕事が忙しくなり。。。というのがきっかけ。短い休日しか取れなくなってきた中、ツーリングで 「のんびりモード」 で走っていては遠くまで行けない。そして、まともな (軽量な) 自転車を購入、レースにも出ていました。

この自転車 (MTB) に極細のスリックタイヤを履かせて乗鞍で叩き出したタイムは1時間40分台っ。。。まだまだ 「抜く」 より 「抜かれる」 方が多い、そんな走りでした。


4. ロードーレーサーに乗って (1時間20分を切る)
自転車道等を走っていても、やっぱりMTBでは限界あるかナァ〜という思いがつのり、ついにロードレーサーを購入。乗りなれるまでに時間が掛かりましたが、こいつで初めての乗鞍に挑戦して1時間20分台。

そして、それまでのシッティング中心からダンシング中心の走法へシフトさせて1時間20分を切るに至りました〜。 (^0^)


こうやって見ると結構歳月が流れていますが、自転車が好きでヒルクラにどっぷり浸かっていれば、いつかは達成できるっというのが実感デス。次回からはタイム短縮の要因を考察 (?) していきます〜。


posted by えーじ at 22:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 乗鞍1h20m切るための。。。
この記事へのコメント
記事を拝見し、何とか俺にも出来そうだと思えるようになりました。同じくホームセンターで買った自転車で今のところ街乗りと川沿いのサイクルロードを楽しんでいます。
これからもへなちょこサンのサイトにはチョクチョク伺い、勉強させていただきます。
Posted by 大仏 at 2009年09月19日 20:19
大仏さん、こんにちはっ。

今年は乗鞍には不参加、一昨年は1時間20分をオーバーしてしまいましたが、自転車が好きで坂登りが好きならば、少なくとも1時間30分は切れるんじゃないかなぁと思います。大仏さんも楽しみながら頑張ってくださいねっ。
Posted by えーじ at 2009年09月19日 23:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック